投稿

5月, 2019の投稿を表示しています

かんじき飛脚  山本一力  2019.5.26.

イメージ
2019.5.26. かんじき飛脚
著者 山本一力 本名:山本健一。1948年高知市生まれ。小説家都立世田谷工業高校電子科卒。生家は高知市の大地主であったが没落、14歳の時に上京。通信機輸出会社、大手旅行会社(近畿日本ツーリスト)、コピーライターなど十数回の転職を経て、1997年『蒼龍』で第77回オール讀物新人賞を受賞してデビュー。02年『あかね空』で第126回直木賞を受賞。他に『大川わたり』などの時代小説がある。02年、現在の妻になる英利子と出会い、小説を書く時のモデルになってほしいなどと口説き、半年後に3度目の結婚。妻の実家の相続トラブルで親族に17億円の支払い命令されるも土地を売却することで相殺。その後、バブル時代に支払いの足しのために設立した会社は事業失敗で2億円の借金を抱える。その借金返済及び結婚をきっかけに49歳で小説を発表した。自転車愛好家で、外出時は一家で自転車を用いる。テレビのコメンテーターの活動も行っている。ペンネームの「一力」(いちりき)は作家を始めたときにあと一歩で賞がなかなか取れず、妻から名前が悪いのではないかと言われ、姓名判断ソフトの中から候補を選び、名前は1画2画のバランスが山本姓に合っていたためこの名前になったという(Wikipedia)
発行日2005.10.25. 発行 発行所新潮社
初出:『週刊新潮』