投稿

大船頭の銚子イワシ話  鈴木正次/平本紀久雄  2020.1.19.

2020.1.19.大船頭の銚子イワシ話
著者 鈴木正次(まさじ)1917年銚子市名洗生まれ。14歳からまき網漁師になり、第2次大戦直後から40年にわたり銚子市漁協所属大中型まき網、西廣「御嶽(おんたけ)丸」(屋号、次郎吉)の漁労長を勤める。72年、千葉県水産業表彰(功労賞)を受ける。引退後、銚子の船頭仲間から、「次郎吉の大船頭」の尊称で呼ばれている 現住所 銚子市清水町2774-3
編著者 平本紀久雄 1940年京都生まれ。戦災を受け、埼玉県吉川町で育つ。北大水産学部卒、水産学博士。千葉県水産試験場でイワシ・サバ・シラウオなど沿岸重要資源調査に従事。92年、長年にわたるイワシの漁況予報による貢献で千葉県旋網漁業船頭会より感謝状を贈られる。著書に『私はイワシの予報官』 現住所 館山市沼1046-35
発行日1994.3.31. 第1刷発行 発行所 崙書房出版

プロローグ 銚子の歴史はイワシの歴史 銚子に「さま」付けが3