投稿

電卓四兄弟 カシオ「創造」の60年  樫尾幸雄  2017.6.20.

2017.6.20.電卓四兄弟 カシオ「創造」の60年
著者 樫尾幸雄 1930年東京生まれ。日大専門部機械科卒。日本製鋼所を経て52年、樫尾製作所入社。57年のカシオ計算機設立時取締役。91年副社長。14年特別顧問。00年科学技術庁長官賞「科学技術功労賞」受賞。05年旭日小綬章受章
聞き手 佐々木達也 1964年兵庫生まれ。讀賣新聞東京本社編集委員兼調査研究本部主任研究員。88年入社。千葉支社を経て93年から経済部で経済報道を担当。経済部次長を経て14年から現職
発行日           2017.3.25. 初版発行 発行所中央公論新社
讀賣新聞朝刊2016.9.15.~10.27.連載「時代の証言者 電卓4兄弟 樫尾幸雄」に加筆

²個性融合 町工場が世界へ 57年世界初の純電気式計算機を開発 ⇒ 「電卓の元祖」と呼ばれ、電話交換機などに使われるリレー(継電器)という素子を基幹部品として使った計算機 長男・忠雄 ⇒ 1917年生まれ。46年樫尾製作所設立。金属加工事業開始 次男・俊雄 ⇒ 1926年生まれ。発明家。研究開発を担い、樫尾の頭脳 三男・和雄 ⇒ 1928年生まれ。2代目社長、現会長。営業マン 四男・幸雄 ⇒ 1930年生まれ。俊雄のアイディアの商品化
²八畳一間に八人家族 樫尾家のルーツは高知県。父親は農家。23年に震災後に上京
²次男 召集1か月で帰還 42年、忠雄が荒川区で独立。旋盤技術で軍需工場の下請け的な仕事を請け負う 忠雄は病弱で召集を免れたが、俊雄は8月1日に召集、末には帰還
²B29部品に長男感嘆 墜落したB29爆撃機の部品を見て、彼我の技術力の格差に愕然 親戚のいた三鷹に引っ越し。焼けた旋盤を修理して新たな仕事を始める 俊雄が逓信省を辞めて忠雄の会社に入る
²ヒット1号「指輪パイプ」 俊雄の最初の製品が「指輪パイプ」 ⇒ 仕事をしながら煙草を吸う装置 露天商を通じて直接売り、ヒット商品になり、その後の計算機開発の資金をもたらす 各家庭に配給された小麦粉でうどんを作る機械を作り、受託加工したらこれもヒット
²見えた計算機の可能性 49年ビジネスショーで輸入物の電動式計算機を見たのが、計算機の開発に乗り出す契機 実際の計算は、手回し式の計算をモーターでやるというもので、当時はあまり注目されていなかったが、俊雄が開発を決断
²