投稿

歴史学者と読む高校世界史  長谷川修一他  2018.12.9.

2018.12.9. 歴史学者と読む高校世界史 教科書記述の舞台裏
編者 長谷川修一 1971年生まれ。立教大文准教授 小澤実 1973年生まれ。立教大文教授 他
発行日2018.6.20. 第1版第1刷発行 発行所勁草書房
序 2022年度より高校社会科に日本史と世界史を統合し近現代を中心に教えることが予定されている「歴史総合」が必修科目となり、その結果として、必修だった「世界史」と選択科目の「日本史」はそれぞれ「日本史探求」「世界史探求」として選択科目となる 教科書を通じて学ぶことにより、そこで示された歴史認識が拡散され、その歴史観が国民全体に刻み込まれてゆくだけに、歴史記述は重要 ところが、歴史学者としての専門家の目から見ると、歴史記述に首をかしげることがある 教科書記述と歴史学会の研究成果との間に見られる乖離がなぜ生じるのか、その歴史記述を方向付けているものは何か、といった疑問から出発 本書の目的 1.世界史教科書に収められる記述内容音執筆者に対して目を向ける 2.世界史教科書を1つのモノとして捉え、そのモノの製造プロセスに関わる制度や関係者のあり方を検討する 本書の構成 第1部オリエントからアメリカへ ⇒ 西洋 第2部イスラムとアジア ⇒ 東洋 第3部高校世界史教科書の制作と利用 グローバルヒストリーの中の近現代歴史学の研究の中で、歴史記述のあり方の考察が行われた結果をまとめたもの
第1部オリエントからアメリカへ ⇒ 西洋 第1章高校世界史教科書の古代イスラエル史記述 旧約聖書の内容ばかりが、あたかも真実の歴史のように書かれている 「ヘブライ人」という人種は存在しない 「史実」には2通りある ⇒ 過去に起きたことと、過去に起きたこととして多くの人々が了解していることの2通りであり、後者は「現在」の事情によって変わりうるもの 「史実性」の判断は、歴史記述を読む側にも委ねられている。歴史学における客観性の担保の問題については、歴史教育に携わる人間すべてが自覚しなければならない 高校の歴史教育において大切なことは、高校生が「歴史の力」に気付き、それを考えることの重要性について学ぶことではないか

人通りの少ない道  芦田淳  2018.12.11.

イメージ
2018.12.11. 人通りの少ない道 私の履歴書
著者 芦田淳ファッションデザイナー。中原淳一に師事。60年高島屋の顧問デザイナー。66年から10年間美智子妃殿下の専任デザイナー。94年アジア大会や96年アトランタ5輪では日本選手団の公式ユニフォームデザインを担当。旭日中受賞紫綬褒章フランス国家功労賞オフィシエ同芸術文化勲章オフィシエイタリア功労勲章カバリエーレウフィチャーレ章ルクセンブルグ大公国オフィシエ章など
発行日2011年3月14日1版1冊 発行所日本経済新聞出版社
2009年8月日本経済新聞『私の履歴書』掲載
1.8人兄弟の末っ子 1930年韓国の古都全州生まれ李氏朝鮮の発祥の地 実家は京都で11代続いた旧家父は長男で外科医だったがあえて朝鮮へ 父親は帝大以外は大学ではないと言うのが口癖長兄三兄四兄も帝大だが次兄だけは早稲田で冷遇のちに養子に出されたそんな中大学にもいかずファッションデザイナーと言う異端の道を歩いた私は1族にどれほどの波風をたて私の心をどれほど苦しめ続けることになるのかは知る由もない 2.父の死 41年父が結核で急逝だれも跡を継がないので病院を手放し日本に引き上げる 3.金沢に落ち着く 厚生省から石川県庁に赴任していた三兄の所へ落ち着く