投稿

献灯使  多和田葉子  2019.2.18.

イメージ
2019.2.18.献灯使
著者 多和田葉子 1960年東京生まれ。小説家、詩人。早大文一文学部卒。82年ハンブルク大大学院修士課程修了。チューリッヒ大大学院博士課程修了。91年『かかとを失くして』で群像新人賞。93年『犬婿入り』で芥川賞。00年『ヒナギクのお茶の場合』で泉鏡花賞。02年『球形時間』でドゥマゴ文学賞。03年『容疑者の夜行列車』で谷崎潤一郎賞、伊藤整文学賞。11年『尼僧とキューピッドの弓』で紫式部文学賞。『雪の練習生』で野間文芸賞。13年『雲をつかむ話』で読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)。日独2か国語で作品を発表しており、96年にドイツ語での作家活動によりシャミッソー文学賞、16年にはドイツで最も権威ある文学賞の1つクライスト賞受賞。82年よりドイツ在住、00年ドイツの永住権取得、06年よりベルリン在住 『17-07 百年の散歩』『07-02 アメリカ-非道の大陸』参照
発行日2014.10.30. 第1刷発行2014.12.8. 第2刷発行 発行所講談社
初出 献灯使『群像』2014年8月号 韋駄天どこまでも『群像』2014年2月号 不死の鳥『それでも3月は、また』講談社 2012年

珈琲が呼ぶ  片岡義男  2019.2.15.

イメージ
2019.2.15. 珈琲が呼ぶ
著者 片岡義男 1939年東京都生まれ。作家、写真家、翻訳家。74年に『白い波の荒野へ』で作家としてデビュー
発行日2018.1.20. 初版1刷発行 発行所光文社

Ø一杯のコーヒーが100円になるまで およそ考えられること全てを考えて100円になったコンビニの淹れたて珈琲と、従業員の誰もが何一つ考えていない(ホテルのティーラウンジ)のコーヒーとの間に、1000円を超える格差のあるコーヒーが、東京には存在
Ø「珈琲でいいや」と言う人がいる ØTitanium Double Wall 220mg アウトドア用品のブランドにスノーピークというのがあり、そこのマグカップは、真空の2重構造で熱が伝わりにくい
Ø喫茶店のコーヒーについて語るとき、大事なのは椅子だ Ø4つの署名、1967年12月 ビートルズ
Ø去年の夏もお見かけしたわね Ø

壁の向こうの住人たち  Arlie Russell Hochschild  2019.2.18.

イメージ
2019.2.18. 壁の向こうの住人たち アメリカの右派を覆う怒りと嘆き Strangers in their Own Land―Anger and Mourning on the American Right2016
著者 Arlie Russell Hochschild ボストン生まれの社会学者。カリフォルニア大バークレー校名誉教授。フェミニスト社会学の第一人者として、過去30年に亘り、ジェンダー、家庭生活、ケア労働をめぐる諸問題に様々な角度から光を当て、多くの研究者に影響を与えてきた。早くから感情の社会性に着目し、1983年には本国で著書『管理する心』を発表、感情社会学という新しい研究分野を切り開く。単著として9冊目の本書では、南部ルイジアナ州に暮らす共和党支持派の白人中間層の心情に向き合い、アメリカを分断する”共感の壁”を越える手掛かりを探った
訳者 布施由紀子 翻訳家。大阪外大英語学科卒
発行日2018.10.25. 第1刷発行 発行所岩波書店
アメリカは自分の国なのに、社会が急速に変わってしまい、まるで「自国に暮らす異邦人」の気分だ――南部ルイジアナ州に暮らす共和党支持派の白人中間層の心情に向き合い、アメリカを分断する”共感の壁”を越える手掛かりを探ったノンフィクションの傑作(2016年度全米図書賞ノンフィクション部門ノミネート作)
まえがき 5年前にこの調査に着手した頃、アメリカでは2つの政治陣営が互いに溝を深め合っていく様を見て、驚きを感じ始めた 左派の多くは、右派の共和党とFOXニュースが連邦政府の介入を大幅に排除しようと目論んでいると考えていた。貧困層支援の打ち切りを画策し、権力と富を握る所得上位1%層の力と財産を増やそうとしていると感じていた 右派の多くは、政府自体が権力と富を蓄積したエリート集団であるとみていた。支配を強化するためまやかしの大義名分をでっちあげ、安易にカネをばらまいて忠実な民主党支持者の票を集めようとしていると感じていた 社会学者としては、右派の人々が人生をどのように感じているのかということに強く興味を惹かれた 1960年代後半には、アメリカの文化に分断が生じていることを感じていた 英語には、よその世界の人と繋がりたいという感情や、そのような関心を歓迎する気持ちを表す言葉があまりないが、それに近い、気持ちのやり取りを表現する語は造られている 感謝、畏…