投稿

2018の投稿を表示しています

国際経済の荒波を駆ける  林康夫  2018.12.3.

2018.12.3. 国際経済の荒波を駆ける 経済官僚半世紀のメモワール
著者 林康夫 1942年神奈川県生まれ。66年東大法卒後、通産省入省。69年オックスフォード大留学。81年IEA長期協力局部長。その後資源エネルギー庁石油部長、95年基礎産業局長、96年通商政策局長、中小企業庁長官を経て、98年経済協力基金理事、国際協力銀行JBIC理事、00年三井物産代表取締役常務取締役、翌年電機・プラントプロジェクト本部長、03年代表取締役専務執行役員、04年副社長執行役員兼欧州三井物産社長、06年同社顧問。07年日本貿易振興機構理事長、11年同機構顧問、現在に至る
発行日2018.11.15. 第1刷発行 発行所エネルギーフォーラム
帯 通商産業省からスタートし官と民の仕事を通じて世界を股にかけた官僚とビジネスマンの世界
はじめに 後輩たちの参考のために、先人の体験したことを語り伝える 役人の仕事の重要性を身を以て感じるとともに、特に有為の人材を擁する健全な公務員の組織は国家にとって極めて重要だと改めて感じる 政治との接点は極力省略。総務審議官の内示には心底驚いた
第1編通商産業省時代 第1章通商産業省入省と留学 66年入省、貿易振興局・貿易振興課に配属 ⇒ 2年目に経済協力課 ⇒ 68年に科学技術庁・原子力局政策課に出向。結婚 69年人事院の政府留学制度で英国に留学 ⇒ 江田五月(裁判所)、黒田東彦らと一緒に英国へ。40人いた残りの大半はアメリカへ。最初にケンブリッジの語学学校に入り、秋からオックスフォードのChrist Churchへ。EEC、ECSC、EURATOMの合併によりEU誕生の直後 チューターは、Mr. OppenheimerとDr. Bacharachで数理経済学の先生
第2章貿易管理 71年帰国し、重工業局配属 ⇒ 武器輸出3原則を巡って田中角栄通産大臣にも説明

神と金と革命がつくった世界史  竹下節子  2018.12.1.

2018.12.1.神と金(カネ)と革命がつくった世界史 キリスト教と共産主義の危険な関係 Genèse et Perversions du Pouvoir moderne
著者 竹下節子 東大大学院比較文学比較文化修士課程修了、同博士課程、パリ大比較文学博士課程を経て、仏高等研究所でカトリック史、エゾテリズム史を修める。比較文化史家、バロック音楽奏者。仏在住。著書に『無神論』『キリスト教の謎』など
発行日2018.9.10. 初版発行 発行所中央公論新社
はじめに 偶像崇拝なしに歴史は作られなかった 警察や軍隊といった暴力組織に代表される「力」と、自分と民衆の間を取り持つ緩衝装置としての典礼や祭りなどの「神」という2つの偶像が、支配者の優位性と聖性を担保してきた それに抵抗する人々が必要とし、支えとしたのは、彼らの生きている「共同体」や「時代」の限界を超えて全人類を視野に入れた「普遍」という概念で、「万物の創造主」「固定した階級社会を覆す革命」「すべての人に共通の価値を認められる貨幣」の3つは「普遍」に繋がる扉であり、伝統や文化を異にする人々を平等に連帯させる絆となるはず 日本でも、軍国主義に抵抗する知識人の多くがキリスト教や共産主義に関心を寄せたのは、それらが文明の優劣や人種の差を問わない「普遍」を謳っていたから 近代以降の帝国主義や各種の革命のすべては、人間が「神・金・革命」に対してとるスタンスの変化や逸脱と深く関わっている。そのメカニズムを観察することで、近現代史を別の角度から読み解き、これから目指す道を模索するために本書は書かれた 無抵抗による自己犠牲によって「救い」を実現するという驚くべき非暴力革命と原始共産共同体を生んだキリスト教がローマ帝国の国教となって以来、金と戦争と革命によってどうして本源にあった「神」を損なっていったのか、「本源」に回帰する力はどう働いたのかを、近代以降に生まれた「もう1つのヨーロッパ普遍主義」である共産主義との関係を中心に見ていく 第1章で、古代ギリシャからキリスト教神学を経た「自然法」や「公共善」の考え方がどのように神と人との関係を変えていったのかを考察 第2章で、ロシア革命と第2次大戦、冷戦を通して、「神か、革命か」で始まった近代の流れを俯瞰 第3章では、その過程で「偶像崇拝」を捨てて自由と平等と平和の社会実現に向けて戦った民衆や思想家や社会や個人…