投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

裁判の非情と人情  原田國男  2018.2.14.

2018.2.14. 裁判の非情と人情
著者  1945年2月26日鎌倉市生まれ。67年東大法卒、博士(法学、慶應大)。69年裁判官任官の後、長年にわたり刑事裁判に携わり、10年に東京高裁部総括判事を定年退官。地裁16年、高裁12年、最高裁の刑事調査官4年、残りは法務省刑事局で刑法全面改正作業に6年。現在慶應大大学院法務研究科客員教授、弁護士。『逆転無罪の事実認定』ほか
発行日2017.2.21. 第1刷発行 発行所岩波書店(岩波新書)
初出 『世界』(13.10.~17.1.)に連載した『裁判官の余白録』
裁かれるのも「人」なら、裁くのも「人」のはず。しかし、私たちにとって裁判と裁判官は、いまだに遠い存在だ。有罪率99%と言われる日本の刑事裁判で、20件以上の無罪判決を言い渡した元高裁判事が、思わず笑いを誘う法廷での1コマから、裁判員制度、冤罪、死刑に至るまで、その知られざる仕事と胸のうちを綴る
第1章裁判は小説よりも奇なり――忘れがたい法廷での出会い 判決所の起案は左陪席が書いて、右陪席が修正し、最後に裁判長が完成させる 証人尋問における宣誓は、決まった文書を読み上げるだけで、右手を上げる宣誓はない 宣誓をしたうえで偽証すると偽証罪に問われるが、日本では偽証罪の起訴は極めて少ない 検察が、よほど明らかでない限りは起訴を控える。特に警察官の偽証はまず起訴しない

スポーツビジネス 最強の教科書  平田竹男  2018.2.18.

イメージ
2018.2.18. スポーツビジネス 最強の教科書 (第2版)
著者 平田竹男 早大大学院スポーツ科学研究所教授。1960年生まれ。横浜国大経営学部卒。ハーバード大ケネディスクール行政学修士、東大工学博士。82年通産省入省、在ブラジル大使館一等書記官、大臣官房法令審査委員、通商政策局資金協力室長等を歴任 通産省在職中の89年から日本サッカー協会にボランティアとして、プロリーグ化検討委員会に参加し、93年にスタートするJリーグ発足に尽力。91~94年ブラジル勤務中も日本サッカー協会国際委員として02年ワールドカップ日本招致にも携わる。97年からは資源外交を牽引していたが、夢の実現のため資源エネルギー庁石油天然ガス課長を最後に転職し、02年日本サッカー協会専務理事に就任。スポーツ界の人材育成の重要性に目覚め、06年からは自ら設立に関与し、同年発足した早大大学院スポーツ科学研究科教授に就任、トップスポーツビジネスを教える。日本スポーツ産業学会会長、日本体育協会理事、日本陸上競技連盟理事のほか、13年より内閣官房参与、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部事務局長も務める
発行日2017.11.9. 発行 発行所東洋経済新報社

第1部欧米のスポーツビジネス アメリカのプロスポーツと、ヨーロッパのサッカーについて解説 第1章アメリカの4大リーグとMLS NFL、MLB、NBA、NHL、MLS(サッカー) ペイトリオッツ、グリーンベイ・パッカーズ
第2章ヨーロッパのサッカーリーグとクラブ イングランドのプレミアリーグ ドイツのブンデスリーグ スペインのリーガ・エスパニョーラ イタリアのセリエA フランスのリーグアン 5大リーグのユース育成 UEFAランキング 世界最大級のスポーツイベント、FIFAワールドカップ


第3章欧米のリーグ構造の特徴と諸外国のリーグ



第2部日本のプロスポーツの経営