投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

「官邸官僚」の研究  森功  2018.4.10.

2018.4.10. 「官邸官僚」の研究
著者 森功 1961年福岡県生まれ。ノンフィクション作家。東筑高から岡山大文卒。伊勢新聞社、テーミス社、『週刊新潮』編集部などを経て、03年にフリーランスノンフィクション作家へ転進。08年の『ヤメ検』と09年の『同和と銀行』(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。09年『同和と銀行』(単行本)で第41回大宅壮一ノンフィクション賞候補、11年『泥のカネ』で第33回講談社ノンフィクション賞候補、12年の『なぜ院長は「逃亡犯」にされたのか見捨てられた原発直下「双葉病院」恐怖の7日間』で、第11回新潮ドキュメント賞候補、第44回大宅壮一ノンフィクション賞候補。18年『悪だくみ「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』で大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞受賞。『黒い看護婦』が15年、フジテレビ系「赤と黒のゲキジョー」枠で放送、主演:大竹しのぶ
発行日2018年5月号~ 発行所文藝春秋(月刊『文藝春秋』)

1.安倍忖度政治との訣別 前川氏を呼びつけた首相補佐官の正体  ~ 霞が関の常識を覆す”

1945年のクリスマス  Beate Shirota Gordon  2018.6.3.

イメージ
2018.6.3.1945年のクリスマス日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝
著者 Beate Shirota Gordon1923年ウィーン生まれ。29年ピアニストの父と来日、その後10年を日本で過ごす。39年単身渡米、大卒後、戦争情報局やタイム誌で働く。45年GHQ民生局のスタッフとして再来日、日本国憲法草案作成などに携わる。47年渡米(帰国)。以後ジャパン・ソサエティ、アジア・ソサエティのディレクター等を務めた。2012年逝去
構成・文:平岡磨紀子 1946年大阪府生まれ。ドキュメンタリー工房取締役プロデューサー。『今、カブトガニが危ない』で日本民間放送連盟優秀賞受賞。『渚からの報告』でギャラクシー賞、『私は女の幸せを憲法に書いた』で同連盟賞活動部門受賞、『おっぱいをほしがらないで――アジアのエイズ孤児と母子感染――』で放送文化基金企画対象受賞
発行日2016.6.30. 第1刷 発行所朝日新聞出版(朝日文庫)