笑えるほどたちが悪い韓国の話  竹田恒泰  2014.9.9.

2014.9.9. 笑えるほどたちが悪い韓国の話

著者 竹田恒泰 作家。憲法学者。1975年、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫。慶大法卒。専攻は環境学。06年『語られなかった皇族たちの真実』で第15回山本七平賞

発行日          2014.3.31. 第1刷発行
発行所          ビジネス社

結局、韓国とはどうすればよいか
反日病という不治の病に起因する反日行動が、もはや放置し得ない状況
   日本人はもっと韓国に無関心になれ
   広報省を設立し情報戦で追い詰めろ ⇒ 韓国の反日活動に対し、長期的な戦略で対抗
   竹島問題を拡大させよ ⇒ 地域紛争の存在を世界に知らしめる

今日の韓国の民度の低さ=文化レベルの低さは、歴史に基づくものであって、韓国人を批判・差別するものではない

コメント

このブログの人気の投稿

昭(あき)―田中角栄と生きた女  佐藤あつ子  2012.7.14.

大戦秘史 リーツェンの桜 肥沼信次  舘澤貢次  2012.10.13.

ヴェルサイユの女たち 愛と欲望の歴史  Alain Baraton  2013.9.26.